2006年08月15日

日本のいちばん長い日

さて、また8月15日が“敗戦”記念日がやってきました。
ということでまずはこちらの画像をどうぞ。
靖国参拝(テレ東)

流石テレ東!俺たちににできない事を平然とやってのけるぅ!そこにシビれるぅぅ!!あこがれるぅぅぅ!!!(AAry
「テレ東最強伝説」にまた新たな一ページが刻み込まれました。
「テレ東は神、これだけはガチ」のようですねw

で、われらが純ちゃんは
<首相靖国参拝>「今日は適切な日」小泉首相、理由を説明 8月15日11時25分更新 (毎日新聞)
 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。そういう意見も聞かなきゃいかんなと、あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですから」と強調した。
 また、首相は中韓両国の反発について「中国や韓国の言うことを聞けばアジア外交が良くなるとは思わない」と主張。A級戦犯合祀(ごうし)問題に関しては「戦没者全体に哀悼の念を表すため参拝している」と説明し、憲法違反との指摘には「思想信条であり、心の問題だ」と語った。
 本殿に上がるなど04年以前の参拝形式に戻したことについては「今日は(日本武道館で)戦没者追悼式もあるし、千鳥ケ淵の戦没者墓苑にもお参りするし、その時にはこの服装(モーニング)で行くし、きちっと本殿に参拝するのが適切と思った」と説明した。【中澤雄大】
■公約どおり参拝してくれました。
貴社との問答を抜粋すると

>「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」
>「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。そういう意見も聞かなきゃいかんなと、あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですから」
>「中国や韓国の言うことを聞けばアジア外交が良くなるとは思わない」
>「戦没者全体に哀悼の念を表すため参拝している」
>「思想信条であり、心の問題だ」
>「今日は(日本武道館で)戦没者追悼式もあるし、千鳥ケ淵の戦没者墓苑にもお参りするし、その時にはこの服装(モーニング)で行くし、きちっと本殿に参拝するのが適切と思った」


流石純ちゃん!谷垣には言えない事を平然と言ってのけるぅ!そこにシビれるぅぅ!!あこがれるぅぅぅ!!!(AAry

まぁ靖国についてはクドクド言っても同じことを万言繰り返すだけなので、小泉総理のメルマガを掲載して終わりたいと思います。
小泉内閣メールマガジン 第245号 2006/08/03 (小泉内閣メールマガジン)
====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]

プロフィール 英語版はこちらから

● 戦没者の慰霊

 小泉純一郎です。

 長かった梅雨もようやく明けて、真夏の青空がひろがる季節になりました。

 私は、今年も、8月6日に広島の原爆死没者慰霊式・平和祈念式に、8月9日には長崎の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列します。

 私は、総理大臣に就任以来、毎年必ず、広島と長崎の式典に参列して、原爆の悲劇を二度と繰り返してはならないという思いで、原爆の犠牲となった方々に哀悼の意を表明してまいりました。

 そして、毎年6月23日には、衆議院予算委員会に出席のため行けなかった平成15年を除いて沖縄を訪れ、沖縄全戦没者追悼式に参列してまいりました。

 戦後60年にあたる平成17年6月には、第二次世界大戦末期、日本側約2万2000人、アメリカ側約6800人が戦死した硫黄島を訪れ、硫黄島戦没者追悼式に出席し、あわせてアメリカ側戦死者のための「将兵の碑」に献花し、激しい戦闘で亡くなった日本とアメリカの兵士たちを追悼しました。

 私は、平成13年の4月、総理大臣に就任したときの記者会見で、「戦後日本が平和で発展していくために、一番大事なことは、あの第二次世界大戦の反省をすることだと、その上に立ってこれからの日本が二度と戦争をしてはいけない、平和のうちにいかに国民の努力によって立派な国づくりに励むことができるか、このことはこれからの日本の方針としても、極めて重要であると思っています。」と述べました。

 日本は、戦後一度も戦争に参加せず、また巻き込まれることもなく、平和
を維持してきました。日本の今日の平和と繁栄は、戦争で命を落とした方々の尊い犠牲の上に築かれています。私は、戦没者の方々に対して、敬意と感謝の思いを込めて、哀悼の誠を捧げております。

 戦争で亡くなった方々を追悼するというのは、どこの国でも誰であっても、自然なことだと思います。

 日本国憲法第19条では、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」としています。戦争で亡くなった方々に対して、どのようなかたちで哀悼の誠を捧げるのか、これは、個人の自由だと思います。

 私は、総理大臣就任以来、心ならずも戦争で命を落とさざるを得なかった方々へ哀悼の誠を捧げるために、毎年一度靖国神社に参拝しています。

 これは、私の思いに基づくもので、私は、靖国神社の参拝を誰にも強制していません。また強制されて参拝しているものでもありません。


 マスコミや有識者といわれる人々の中に、私の靖国参拝を批判している人がいることは知っております。また、一部の国が私の靖国参拝を批判していることも知っています。

 私を批判するマスコミや識者の人々の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになるように思えてなりません。

 そういうマスコミや識者の方々は、思想及び良心の自由をどう捉えているのでしょうか。戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表わすことはよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょうか。

 私は、日中友好論者です。
平成14年4月、中国のボアオで開かれた国際会議でも、「中国の経済発展を『脅威』と見る向きがありますが、私はそうは考えません。私は、むしろ、中国のダイナミックな経済発展が日本にとっても『挑戦』、『好機』であると考えています。中国の経済成長に伴う市場の拡大は、競争を刺激し、世界に大きな経済機会を与えることでしょう。」と述べて、日本と中国の友好関係の一層の発展と、両国が交流によって繁栄していくことを望んでいることを明らかにしました。

 現に、私が総理大臣に就任した平成13年以来、日本と中国の貿易額は、2倍以上に増加し、いまや中国は、アメリカを抜いて、日本にとって最大の貿易相手国になりました。日本と中国の間の人の行き来も、約1.5倍に増えています。

 私は、いつでも中国の首脳と会う用意があります。ところが、中国は、平成17年4月にインドネシアで胡錦濤主席と会談したのを最後に、私が靖国神社に参拝するなら日中首脳会談を行わないと言っています。

 私は、こういう考え方は理解できません。もし、私が、ある国と私の考えが違う、あるいは日本の考えと違うからといって首脳会談を行わないと言ったら、相手を批判しますか、それとも私を批判しますか。おそらく多くの国民は私を批判するでしょう。

 二度と悲惨な戦争を起こしてはならない、そして、今日の日本の平和と繁栄は、戦没者の方々の尊い犠牲の上に築かれている、この思いは、私の政治家としての原点でもあります。私は、この思いを抱きつつ、今年も広島と長崎の式典に参列し、そして8月15日の全国戦没者追悼式に参列します。


--------------------------------------------------------------------
( ;∀;) カンドーシタ
posted by 某S氏 at 12:00 | 京都 ☀ | Comment(7) | TrackBack(1) | 国内時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. もしかして、某S氏様と「Irregular Expression」のgori様って中の人一緒ですか?
  2. Posted by raze at 2006年08月19日 23:05
  3. >raze氏

    gori様はかねてから尊敬しておりますが間違えられるとは畏れ多いことです。
    全くの別人です。
  4. Posted by 某S氏 at 2006年08月24日 00:47
  5. >「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」

    これは正直笑った。もうすぐやめるから怖いものなしです。小泉さん。これがそのうち・・・。

    「A級戦犯を分祀しても批判、反発は変わらない。」とか、「靖国参拝をやめても批判、反発は変わらない。」とかになりそうで大変ですな。

    小泉さんの経済政策や、労働者に対する締め付けは決して私のような底辺サラリーマンには良いものではありませんでしたが、彼は「やる」といったことは全てやってきた稀有な自民党政治家ではあったと思います。
    「郵政」「道路公団」「北朝鮮と外交」などなど。

    功罪あった首相ではあったと思いますが、「やらなくてはならないこと」を見据えて目的を達成するためには多少強引な手を使ってでも実現した名政治家ではあると思います。

    ひさかたぶりの更新でうれしいでする。
    goriさんも復活したみたいですし某S氏さんの知識には感服していますので頑張ってください。
  6. Posted by ぽへぽへ at 2006年08月25日 22:22
  7. ぽへぽへさん・某S氏さんの名前を平和関連の場でよく見かけますが、片っ端から反戦ブログをつぶしていくというアルバイトを聞いたことがあります。もしかして・・・?
    自給っていくらくらいなんですか?自給じゃないんですか?1コメントいくらとか内職系なんですか?
  8. Posted by 平和主義 at 2006年10月04日 15:02
  9. >平和主義氏
    >ぽへぽへさん・某S氏さんの名前を平和関連の場でよく見かけますが、片っ端から反戦ブログをつぶしていくというアルバイトを聞いたことがあります。もしかして・・・?
    これのソースは? あなた脳内ですか? 
    >自給っていくらくらいなんですか?自給じゃないんですか?1コメントいくらとか内職系なんですか?
    証拠もなしに下種な印象操作はやめましょう
  10. Posted by 名無し陸自神道信者 at 2006年10月08日 01:40
  11. ↑訂正
    × あなた脳内ですか?
    ○ あなたの脳内ですか?
  12. Posted by 名無し陸自神道信者 at 2006年10月08日 01:42
  13. >片っ端から反戦ブログをつぶしていくというアルバイトを聞いたことがあります。
    -----
    貴方がどこで聞いたのか知りませんが訳の分からんバイトですね。
    雇い主は?
    その仕事でどうやって利益を?


    >自給っていくらくらいなんですか?自給じゃないんですか?1コメントいくらとか内職系なんですか?
    -----
    コメント書くだけで“自給”がもらえるのならこれほど楽な仕事はありませんね。
    まぁコメントと言ってもかなり調べてソース付きで書き込むときもありますから、金銭と労力が比例しているかどうか分かりませんが。

    ところで、そのお金は誰が出すんですか?
  14. Posted by 某S氏 at 2006年10月21日 06:31
コメントを書く
お名前: デフォルト名無し設定

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本のいちばん長い日
Excerpt: 日本のいちばん長い日『日本のいちばん長い日』(にほんのいちばんながいひ)は、1967年に公開された日本映画。製作・配給は東宝。東宝35周年記念作品として製作され三船..
Weblog: なぎさの記録
Tracked: 2007-08-16 12:40

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。